消費者金融に関する規制緩和の目的と影響

消費者金融 ガイド

> 消費者金融に関する規制緩和の目的と影響

消費者金融に関する規制緩和の目的と影響

消費者金融に関する規制緩和が行われようとしています。
その目的は個人消費を拡大させることだと言われています。

この考え方は間違ってはいないと言えるでしょう。
一時的に消費を拡大させるためには、消費者金融での借入を増やしてもらえれば良いわけです。
企業がお金を借りて設備投資をすることが少なくなってきましたから、
消費を拡大させるための一時的な手段として、個人の借入を
利用するというのは良い方法の一つだと考えられます。
個人の借入を増やせば、マネーストックが増えるという効果を期待することができるでしょう。

規制は景気後退の原因?

現在のように消費が減退するようになった理由の一つが
消費者金融に関する規制の厳しさだと言われています。
消費者金融に対してはグレーゾーン金利の撤廃や総量規制など、
様々な規制が行われるようになりました。そのために、
消費者金融から借り入れをする金額は減少したと言えます。

それによって市場に回る資金が減少し、景気が後退したとも言われているのです。
これが事実であれば、規制緩和は景気対策としては非常に優れたものだと言えるでしょう。
規制緩和については、以前に維新の会が提案していたのですが、
それに自民党が追随するという形になりそうです。

出口戦略を見据えた規制緩和を

韓国でもこれと似たような政策がとられました。
韓国の場合には消費者金融ではなくてクレジットカードの普及でしたが、
信用創造という意味では消費者金融と同じような意味があると考えられます。
それによって景気は拡大したと考えられるのですが、
現在のところは個人の負債が非常に大きいために、破綻寸前だと言われることもあります。

そうならないようにするために、一時的な消費者金融の規制緩和ではなくて、
出口戦略を見据えた規制緩和を行うことも必要ですし、
いずれ引き締めなければならない場合に備えて出口戦略を考えておくことも必要でしょう。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.