消費者金融に申込み審査が通らない場合

消費者金融 ガイド

> 消費者金融に申込み審査が通らない場合

消費者金融に申込み審査が通らない場合

消費者金融に融資の申込みをしても審査に通らない方はいます。
基本的に審査では返済能力があるかどうかのチェックがされ、
返済能力があると信用される事で審査に通り、キャッシングやローンの利用が可能になります。

消費者金融では総量規制によって、
年収の3分の1以上の借金をする事が出来なくなっています、
年収の3分の1以上の借り入れを行いたい場合は、
総量規制対象外である、銀行へ申し込むのが良いでしょう、
審査に通らない方は、収入に対して借り入れ要求が大きい時にも起こりますから、
返済能力に応じた申込みをする事になります。

収入と借り入れ総額

返済能力というのは結局は収入があるかどうかで、
定期的な収入があるという事は、消費者金融から融資を
受けれるかどうかのポイントになります、無職無収入では原則通らないのです。

そしてすでに他社からの借金が多い方も厳しく見られます、
まず先程の総量規制もあり、すでに借り入れ総額が年収の3分の1超えている場合や、
4社5社と複数の業者に借り入れがある多重債務状態の方の場合は厳しい結果になります。

ですから、まずは収入の流れを持っておく事が前提条件になり、
主婦の場合は旦那さんの収入が証明出来れば消費者金融からの融資を受ける事も可能ですし、
無職の方の場合は短時間のバイト等でも良いですから、
収入を作るようにしてから消費者金融に申込みをするようにしましょう。

基本的に返済能力は、勤続年数が長くて収入が高い程信用されるのは間違いありませんから、
長年勤めていて収入が安定している方であれば審査に通りやすいです。

50万円以上の借り入れの場合

消費者金融で初回から50万円以上の借り入れを希望する場合には、
収入を証明できる書類の提出が必要となります。
これは貸金業法において定められているので、例外なく必要となってきます。

また、同じく貸金業法における規制である総量規制では、
年収の3分の1までに借入れが制限されているので、仮に50万円の融資を受けるための
最低年収は150万円ということになります。これは他の業者からの借り入れがゼロの場合で、
もしも、他の業者での借り入れがある場合には、その金額も加算されます。

基本的には、銀行よりも消費者金融のほうが、審査は通りやすい傾向にありますが、
50万円以上の借り入れを希望で、年収があまり多くないという場合、
もしくは、他社での借り入れがあるという場合には、銀行での融資のほうが
審査に通りやすいケースもまれにあります。

まずは50万円以下の小額から

消費者金融は銀行と比べると、
審査に柔軟と言われていますし実際に利用しやすいです。
最初はほとんどの方が50万円までの借り入れからスタートという感じですが、
より大きな額を借りたい場合は、まずは低額利用しつつ、
それを確実に返済するように実績を作っていけば、
信用が上がり利用枠も広がります、
消費者金融で借り入れを行った場合は必ず期日に返済するようにしたいです。

返済遅れがあると、信用情報に傷が付き、他の消費者金融での借り入れを行いたい場合でも、
信用情報が悪いために審査をクリア出来なくなる可能性があります。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.