消費者金融の金利の上限について

消費者金融 ガイド

> 消費者金融の金利の上限について

消費者金融の金利の上限について

消費者金融では、金利の上限が利息制限法によって定められています。
元々は出資法による年29.2%を上限としていたため、
消費者金融は非常に金利が高いという印象がありましたが、2010年に改正貸金業法が施行され、
およそ10%近く金利の上限が引き下げられています。

改正貸金業法施行後の金利は借入額に応じて異なっており、
10万円未満の借入額で年20%、10万円以上100万円未満の借入額ならば年18%、
100万円以上の借り入れの場合には年15%までの利息しかとることができないようになっています。

引き下げされたものの

過去の消費者金融の利息から考えるとずいぶん利息が安くなったように感じられますが、
銀行の教育ローンや自動車ローンなどが10%をきっていることを考えると、
やはり消費者金融での借り入れは利息の負担が大きいといわざるを得ません。

消費者金融を利用している人は、大半が10万円以上100万円未満の借り入れとなっていますので、
ほとんどの場合年18%の利息を支払っていることになります。

なぜ消費者金融だけがこれほど高利なのかというと、
もともと、消費者金融の借り入れは一括返済が前提となっていたため、
長期利用の銀行のローンよりも高利になっているといういきさつがあります。

できるるだけはやく返済する

実際、消費者金融で10万円の借り入れをしたとしても、翌日返済をすれば利息は50円にもなりません。
消費者金融を利用する時には、返済可能な範囲で借入れをすること、
できるだけ早めに返済をすることなどを念頭においておけば、それほど利息で困ることはありません。

また、消費者金融には、金利面でのデメリットはありますが、融資スピードが速く、
提携atmが多く、審査が通りやすいといった数々のメリットも持ち合わせています。

取り立ても強引なことはしませんし、個人情報についてもプライバシーマークを
獲得している業者がたくさんありますので、安心して利用できます。
無利息キャンペーンなどもありますので、安く借りられるところを探してみましょう。

あえて消費者金融を使う理由はない

消費者金融から借入するのは選択肢がそれしかないからかもしれません。
いやそう思っているだけかもしれません。という話ですが、厳密にいえば消費者金融と
銀行カードローンは違います。限度額の問題等もここでは語りませんが別物と考えて
いいでしょう。

当然消費者金融から借入をしている最中にダブルで借入はよくありませんので
のりかえをする場合は一度返してから、もしくはのりかえそのものを理由に借入が良いかと
思います。

あえて使う必要はないというと少し大袈裟かもしれませんね。小額で即日などの対応で
消費者金融も大手のレベルの高いところであれば比較しても引けをとらないサービスを
展開しています。ただ、大口で借入の場合は銀行のほうがいいという話でした。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.