消費者金融 小口ローンとは

消費者金融 ガイド

> 小口ローンとはどういうものか

小口ローンとはどういうものか

小口ローンとは融資を受ける時に、融資額が1万円から10万円ほどの
金額のローンのことを言います。
多くのキャッシングにおいて最低融資額は1万円で設定されており、
その後1万円単位ごとで融資額を増やすことが出来ます。
小口ローンとは逆に10万円以上の額から数百万円規模の融資は
大口ローンと呼ばれています。

大金が必要だというわけではなく、少しだけお金が足りないので
キャッシングを行いたいというときに、このような少額融資が利用出来ます。
小口ローンは基本的には短期間で返済します。金利が高いと言われますが、小口の場合は金利の影響をそれほど感じないかと思います。少しお金が足りない時に短期間の借入としてを利用する事にとても向いています。

小口ローンならクレジットカードのキャッシングが一般的

小口ローンを利用するならクレジットカード会社のカード利用による
キャッシングが最適でしょう。
このサービスで少額のお金を借りることが出来ます。
小口ローンとは無担保で保証人もなしでサービスを利用出来ます。
融資を受けられるのは一定の収入がある人の場合で可能で、
会社員に限らずパートタイマーやアルバイト、派遣社員であっても利用が可能です。

クレジットカードを発行する際の手続きで審査に
通ることが出来ましたら、利用も可能になります。
小口でお金を借りることは容易ですが、小口ローンとは
逆に大口で50万円以上の借入を申し込む時には
収入証明書の提出を求められることがあります。
小口で借り入れを行うとあっても返済は毎月必ず一定の額での返済が必要になってきます。
小口の借入なら支払の方法で一括払いを選択すれば問題ないですが、
リボ払いや分割払いを選択した場合は利息の発生もあります。
また支払いが遅れたら損害遅延金が発生します。

クレカでのキャッシングは簡単!でも消費者金融での
キャッシングの方が得する場合も

クレジットカードでのキャッシングは確かに手軽の使えるので便利なのですが、
お金を引き出したりするときの手数料であったり、支払い日の関係で余分に
金利を支払う場合もあります。
消費者金融のキャッシングはコンビニなどであっても手数料がかからない会社も多く、
返済に関しても、お金が出来たときに返済が可能なので、余分な借入期間を失くすことが可能です。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.