消費者金融 延滞

消費者金融 ガイド

> 遅延期間で変わる消費者金融の延滞時の対応

遅延期間で変わる消費者金融の延滞時の対応

キャッシングの利用でやむを得ない理由であっても、
それも1日の場合でも延滞は禁物です。
延滞に陥ることが分かっている場合、前日に金融会社に連絡を入れるのがベストです。

当日になれば、電話連絡が入ることになり、対応も気まずいものになります。
消費者金融では返済が遅れそうな時、理由を聞いた上で対応することがあります。
約定金額が無理であれば、入金可能な金額で対応を図ることになります。

しかし、これが連絡も入れずに遅れるようでは、消費者金融の対応も変わってきます。
返済は契約上の約束事であり、それに遅れることは契約違反でもあるのです。
カードの会員規約にも明記されているように期限の利益の喪失といって、
全額返済になる可能性もあります。

理由なく遅れることは避けること、キャッシングは契約で
成り立っていることを忘れてはなりません。

遅延することで信用情報に傷がつき信用が低くなる

また、遅れる期間によっても信用情報は変化します。
返済に遅れると信用情報機関では返済日が更新されずに日付が残ることになります。
もし、他社で利用がある場合は返済日の更新をみて、
遅れている債務があることが分かります。
特に3ヶ月以上の延滞となると信用情報機関に記録が残ることになります。
これは利用している消費者金融分だけでなく、
債務全体に信用の悪化をもたらすことになります。

消費者金融では貸金業者が主に加盟しているJICCだけでなく、
信販会社が加盟するCICにも加盟していることがあります。
つまり、クレジットカードの利用がある場合はそちらにも
影響が出るということになります。
数日間の遅れで債務全額の返済は少ないものの、
長期で3ヶ月以上となると全額返済、あるいは裁判所を通じての
支払い督促の送付となることがあります。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 ガイド ALL RIGHTS RESERVED.